お隣の歴史


今の磯野家のお隣(右隣)は、伊佐坂一家ですが、現在までで2回入れ替わっています。

2代前は、知る人ぞ知る旧 伊佐坂一家です。おおよそNo1000以前に登場していたと推測されます。私自身も数度しか見たことありません。現在の伊佐坂一家と違うところは、飼っているペットが猫であること、甚六さんが大学生であること、うきえさんも高校生ではなさそうなことです。それ以外の詳しいことは判りません。

1代前は、覚えている方もいると思いますが、浜さん一家です。洋画家の浜さんと太り気味の奥さんと娘のミツコと犬のジュリーの一家です。浜さん一家の初登場は、「浜家登場」にて間違って磯野家に上がりこんでくるというエピソードがわかっています。では、いつごろ登場したのでしょうか?私のわかる範囲で調べてみますと、作品No1158〜1392の間に初登場ということが判明しました。ということは、放送開始から9〜10年目(1977年〜1978年)あたりです。その浜さんも1985年3月にNo2399「伊豆長岡の別れ その一」、No2400「伊豆長岡の別れ その二」にて、奥さんの病気療養という理由で伊豆に引っ越すことになります。→「浜さんとの別れとノリスケの名古屋転勤」この時には、他にノリスケが名古屋に転勤、三平さんが帰郷、メイン脚本家(辻真先、雪室俊一、城山昇)の離脱というサザエさん世界の大転換が起こっています。この理由としては、広告代理店宣広社のプロデューサーの松本美樹さんが辞めたことと、長谷川先生と制作側の問題(別の作品の「似たもの一家」の登場人物の伊佐坂一家を無断で登場させたことからの権利関係の問題)が解消されたこと等がいわれていますが、詳しいことは関係者のみぞ知るです。

浜さん引越し後4ヵ月後に、No2448「おとなりの大先生」にて現在の伊佐坂一家が初めて登場します。(浜さん一家の住んでいた家に引越しという形で家の概観、間取りも同じです。)引越し直後は、大八さん(お軽の末弟で大学8年生)が居候としていましたが、やがていつの間にかいなくなり、現在の伊佐坂一家になっています。